あまごころ壱場の船川さん(1)
【壱岐字引】

2019年04月15日

「辰の島」。底の岩肌が透けて見えるほどのきれいな海は、壱岐の島でも人気のスポットです。

さるえもん

船川さん、よろしくお願いします。
船川さんは、壱岐にどのくらいお住まいですか。

船川さん

わたしは、昭和35年12月4日生まれ。今、満58歳です。ということは、58年間、壱岐におります。23年前くらいに、半年間くらいかな。福岡におりました。あとはずっと壱岐です。

さるえもん

福岡と壱岐に住まれて、どちらの暮らしが好きでしたか。

船川さん

壱岐がいいですねぇ。たまーに福岡に行く、がいいくらいかな。
たまには福岡に行って刺激をもらおうかな、といった感じですね。

船川さん。生まれも育ちも壱岐の島です。

さるえもん

壱岐の暮らしで好きなところはどんなところでしょう。

船川さん

静かなところでしょうね。のんびりしていてね。
福岡や東京にも出張してきましたけれど、そういう所に比べると、時間がゆっくり動いているという気がしますね。

さるえもん

お休みの日は、何をされていますか。

船川さん

家が農業をしていますから、農繁期は家の仕事、田んぼの仕事をしたりしていますけれど、冬の今の時期はそんなにしていないですね。
最近では、健康のために、近くの築山(つきやま)に行って、そこのジョギングコースを歩いています。気が向いた時には、ゴルフの打ちっぱなしにも行きますよ。

壱岐はお米の生産も盛ん。甘みと旨味が自慢の、丸々とした粒のお米です。

さるえもん

壱岐の方言で、特徴的なものや、よく使われているものを1つ、教えていただけますか。

船川さん

あまりいい言い方ではないかもしれませんが、「おしゃ」というのがあります。「おしゃ、どうしようとけ」。
ちょっと、粗野な言い方のようですね(笑)

さるえもん

壱岐でよく耳にしますね。 どんな意味なんでしょうか。

船川さん

「おしゃ」は「あなた」です。「あなたは何をしていますか」…もう少し強い言い方ですけれどね。「おしゃ、どうしよっとない」とか「おしゃ、どうしよっとけぇ」とも言いますね。

さるえもん

そういえば、「おしゃ」って昨日も誰か言ってたなあ(笑)
では、壱岐で、一番好きな風景が見られる場所を教えてください。

船川さん

あの「鬼の足跡」での夕日!
何回も行きますし、お客様もお連れしていますが、あの場所で日の沈む景色はやっぱりいいですね。
それに「辰の島」の、エメラルドグリーンっていうのかな、きれいな海。壱岐の景色は、やっぱりどこもきれいだと思いますが、特に「辰の島」はきれいだと思いますよ。

「鬼の足跡」を望む夕日の景色。

さるえもん

続きは、次回お届けします。
次回は「壱岐の美味しいもの」のお話を中心にうかがいます。
お楽しみに。




■スポット紹介


<辰ノ島>詳細ページへ






<鬼の足跡(牧崎公園)>詳細ページへ





あまごころ壱場の船川さん(2)【壱岐字引】 ▶︎▶︎



この記事をシェアする