壱岐大大神楽(住吉神社) (いきだいだいかぐら(すみよしじんじゃ))

IKIDAIDAIKAGURA(SUMIYOSHIJINJA)

オンライン予約できません。

体験・宿泊予約
重要無形民俗文化財指定の神事芸能

お店名 壱岐大大神楽(住吉神社)
住所 壱岐市芦辺町住吉東触470-1 壱岐神楽保存会
電話番号 0920-45-3002
期間 毎年12月20日 14:00~
所要時間 7~8時間
価格 無料
アクセス ◆郷ノ浦港より/車で16分
◆芦辺港より /車で14分
◆印通寺港より/車で18分
◆壱岐空港より/車で19分
設備 駐車場
トイレ
ホームページ http://www.ikikankou.com
備考 「壱岐神楽」は約700年の古い伝統と歴史をもつ神事芸能である。一般的な神楽は神楽組等の神楽を演じる専門の団体が存在するが、壱岐の神楽は芸能面よりも神祭り(かみまつり)に近く、壱岐の神社に奉職する神職しか舞う事や音楽を演奏することが許されていない。神楽舞は舞人・楽人あわせて12名以上で奏され、所要時間に7~8時間を要する。舞人は神楽面という神々の面をかぶり、演目に合わせて祈り讃える。神楽は規模により「大大神楽」、「大神楽」、「小神楽」、「幣神楽」に分類されるが、壱岐住吉神社で奏される「大大神楽」は最上位のものである。1987年1月8日に国の重要無形民俗文化財に指定されている。また8月には壱岐市石田地区の筒城浜の野外ステージで大大神楽が奏される。


このページをシェアする

芦辺町の体験・イベント情報