お墓を巡る


SHONINOSENNINZUKA

千人塚は、1281年に起きた蒙古軍の襲来により命を奪われた人々の供養塔である。壱岐に上陸した元軍は、島の人々を見つけしだ...

壱岐市芦辺町瀬戸浦

ジャンル:歴史・伝説

KUJIRANOHAKA

鯨漁により捕まった鯨を供養するための塔。塔の高さは2M40cmある。壱岐近海は鯨の通り道であったことから、捕鯨は古くより...

壱岐市芦辺町瀬戸浦

ジャンル:歴史・伝説

SHONISUKETOKINOHAKA

壱岐北東部、少貳公園にある墳墓。1898年、この墳墓は地元住民から「ショウニイ様」と呼ばれ崇敬されていた為、少貳資時の墓...

壱岐市芦辺町瀬戸浦274

ジャンル:歴史・伝説

KAWAISORANOHAKA

河合曽良は江戸時代中期の俳諧師として、松尾芭蕉の奥の細道の旅に同行した弟子であり、蕉門十哲(しょうもんじってつ)の一人と...

壱岐市勝本町坂本触746-3

ジャンル:歴史・伝説

TAIRANOKAGETAKANOHAKA

1274年、一度目の蒙古襲来(元寇)の際に壱岐を取り仕切っていた守護代・平の景隆(※守護は小弐氏)の墓石。10月14日、...

壱岐市勝本町新城東触 新城神社

ジャンル:歴史・伝説

HATATAKASHINOHAKA

壱岐西部にある鵜野辺海岸の急斜面にひっそりと建つ、波多隆(はたたかし)の墓石。1472年、肥前の波多泰(はたやすし)の軍...

長崎県壱岐市郷ノ浦町沼津鵜野辺

ジャンル:歴史・伝説

FUJIWARANOMASATADANOHAKA

1019年に対馬・壱岐に来襲した刀伊の賊によって打ち敗れた壱岐国司・藤原理忠の墓。刀伊は突如として現れ、日本側では賊の正...

壱岐市勝本町立石南触

ジャンル:歴史・伝説