イルカ鼻灯台 (いるかばな とうだい)

IRUKABANA TODAI

観光情報

壱岐最南端の岬にひっそりと立つ、白い灯台。イルカ鼻とは岬のある半島がイルカの鼻先に見えることから名付けられたと言われている。岬からは九州本土を見ることができるほか、夕日の絶景スポットとしても人気。真っ青な海と空に囲まれ雰囲気があるが、岬の先端までの小道が整備されていないため、辿り着くのが困難である。


住所 壱岐市郷ノ浦町初山東触初瀬 海豚鼻灯台
アクセス ◆郷ノ浦港より/車で15分
◆芦辺港より /車で29分
◆印通寺港より/車で20分
◆壱岐空港より/車で22分
※道路より小道に入り徒歩3分程
設備 駐車場


このページをシェアする

自然景観の関連記事