ハート型手水鉢 (はーとがた ちょうずばち)

HATOGATA CHOZUBACHI

観光情報

壱岐北東部の芦辺町にある矢保佐社は小さな祠である。祠の手前には小さな手水鉢(神事の前に口をすすぎ清めるためのもの)があり、表面はハートに蛇が交差する珍しい形をしている。ハートはキリスト教で人類に対する愛の象徴とされており、崇敬を示すためのもの。壱岐の隠れキリシタンが礼拝したと伝えられている。またハート型の手水鉢は他の地域にも存在するが、蛇が交差する手水鉢は壱岐のみで大変珍しいものとされる。祠は江角触公民館の山側にあり非常に分かりにくい。


住所 長崎県壱岐市芦辺町箱崎江角触 江角触公民館付近
設備 ◆郷ノ浦港より/車で34分
◆芦辺港より /車で19分
◆印通寺港より/車で30分
◆壱岐空港より/車で31分


このページをシェアする

歴史・伝説の関連記事