不産女石 (うまずめいし)

UMAZUMEISHI

観光情報

壱岐西部、黒崎半島入口にある奇石。江戸時代の文献にも紹介されており、婦人がこの石に腰をかけると、子が産まれなくなるという言い伝えがある。別に「馬爪石(うまづめいし)」とも呼ばれる。名前の由来や目的など、すべて不明である。


住所 壱岐市郷ノ浦町新田触
アクセス ◆郷ノ浦港より/車で17分
◆芦辺港より /車で21分
◆印通寺港より/車で24分
◆壱岐空港より/車で26分


このページをシェアする

歴史・伝説の関連記事