修験道行場・白滝 (しゅげんどうぎょうば・しらたき)

SHUGENDOGYOBA・SHIRATAKI

観光情報

修験道行場・白滝は高さ約15mの玄武岩の崖です。実際に滝があるわけではなく、玄武岩の白い岩肌から名付けられました。崖上には不動明王、蔵王権現、豊受姫大臣の三体の祠が祀られており、本尊の不動明王は腕がω(オメガ)型で十字架を思わせる槍を持っている。キリシタン遺跡のひとつと言われている。


住所 壱岐市芦辺町箱崎江角触
アクセス ◆郷ノ浦港より/車で32分
◆芦辺港より /車で17分
◆印通寺港より/車で28分
◆壱岐空港より/車で29分
(33°50'29.2"N 129°44'51.1"E)


このページをシェアする

歴史・伝説の関連記事