元寇の碇石 (げんこうのいかりいし)

GENKONOIKARIISHI

観光情報

中央部が太く左右の先端に向かって先細りとなっている楕円形状の石で、壱岐西部の左京鼻沖で発見された。材質は外国産の花こう岩であるが、中世日本の絵に描かれた碇と一致していることから日本所有のものではないかとも言われている。


住所 壱岐市芦辺町瀬戸浦274
アクセス ◆郷ノ浦港より/車で27分
◆芦辺港より /車で7分
◆印通寺港より/車で20分
◆壱岐空港より/車で21分


このページをシェアする

歴史・伝説の関連記事