元軍の上陸地 (げんぐんのじょうりくち)

GENGUNNOJORIKUCHI

観光情報

1274年、元軍がはじめて壱岐に来襲した際(文永の役)に上陸したと言われている浦海海岸。島の北西部に位置しており、海岸の先は竜王崎と呼ばれている。対岸に黒崎半島とその周りの小島を眺望することができる絶景スポットである。


住所 壱岐市勝本町本宮仲触
アクセス ◆郷ノ浦港より/車で34分
◆芦辺港より /車で29分
◆印通寺港より/車で35分
◆壱岐空港より/車で36分
撮影スポット ◆竜王崎からの水平線


このページをシェアする

歴史・伝説の関連記事