初瀬の岩脈 (はぜのがんみゃく)

HAZENOGAMMYAKU

観光情報

壱岐最南端の岬の入り口、北東の海岸にある高さ41mの岩脈である。岩脈は地層や岩石の割れ目に地下のマグマが貫入して板状に固まったものを言い、初瀬の岩脈は真っ白な流紋岩の間に約20mの幅の真っ黒な玄武岩が突き上げるように成長している。地質学的には他に例を見ない大変貴重な岩脈で、長崎県の天然記念物に指定されている。


住所 壱岐市郷ノ浦町初山東触1585-1
アクセス ◆郷ノ浦港より/車で15分
◆芦辺港より /車で28分
◆印通寺港より/車で19分
◆壱岐空港より/車で21分
文化財 天然記念物(県指定)
撮影スポット 海中より隆起する玄武岩
設備 駐車場
トイレ(多目的)


このページをシェアする

自然景観の関連記事