加寿巻 (かすまき)

KASUMAKI

観光情報

「加寿まき」は小豆餡または白餡をカステラ生地で巻いた長崎県(主に壱岐・対馬地方)の和菓子である。江戸時代に参勤交代で江戸から帰った藩主の無事を家中で慶び長旅の疲れを癒すために考案されたとの言い伝えがある。当時の日本ではまだ珍しかったカステラ生地の皮と、贅沢品であった餡をふんだんに使った菓子で、「対馬のものはずんぐりと太く、壱岐のものは細巻」ともされている。壱岐を代表する銘菓であり贈り物としての需要が高い。




このページをシェアする

特産・土産の関連記事