勝本港 (かつもとこう)

KATSUMOTOKO

観光情報

壱岐島北西部にある漁港。勝本港は対馬海峡に面し、港口には辰ノ島、若宮島、名烏島が点在し、天然の防波堤の役割を果たしている。古来より大陸交通の重要な港として、政治や交易の中心地として栄えてきた。近年は漁業基地として活用されている。イカ・ブリの漁獲量が多く、なかでも壱岐剣(いきつるぎ)と呼ばれる剣先イカは島の特産品として有名である。また例年、10月10日~10月15日まで勝本町にある聖母宮を奉る大祭が行われており、10月14日にはメインイベントとして紅白の和船・御幸船(みゆきぶね)による競漕が開催されている。


住所 壱岐市勝本町勝本浦
アクセス ◆郷ノ浦港より/車で26分
◆芦辺港より /車で17分
◆印通寺港より/車で27分
◆壱岐空港より/車で28分
電話番号 0920-42-2020(JF勝本町観光案内所)
設備 駐車場
トイレ(多目的)


このページをシェアする

自然景観の関連記事