壱岐のうに飯 (いきのうにめし)

IKI NO UNIMESHI

観光情報

壱岐を代表する料理「うにめし」は、ご飯に出汁とウニを混ぜ炊き込んだ郷土料理である。ことの由来は昔、八幡(やはた)地区の海女さんが、お節句に豊漁と安全を祈願して地元の氏神様にお供えしたのが始まりと言われている。ご飯にウニの旨味とコクが相まって、他には例えようのない美味しさである。またウニは熱が加わることで食感が生まれる。壱岐に訪れた際はぜひ食べて頂きたい料理である。




このページをシェアする

特産・土産の関連記事