壱岐の鏡岳神社社叢 (いきのかがみだけじんじゃしゃそう)

IKINOKAGAMIDAKEJINJASHASO

観光情報

社叢(しゃそう)とは神社の森のことを言う。壱岐南部の岬にある鏡岳神社は高さ76Mの山頂に鎮座しており、拝殿がある頂上まで登る石段の両脇に社叢が広がっている。樹林はシイやマテバシイが多く占め、岬一帯が社叢となっている。過去には伐採や植林の計画もあったが学術的にも貴重な場所であり、長崎県によって天然記念物に指定され守られている。


住所 壱岐市郷ノ浦町初山東触字花川1587
アクセス ◆郷ノ浦港より/車で16分
◆芦辺港より /車で28分
◆印通寺港より/車で21分
◆壱岐空港より/車で22分
文化財 天然記念物(県指定)


このページをシェアする

動植物・虫の関連記事