壱岐剣(剣先いか) (いきつるぎ(けんさきいか))

IKITSURUGI(KENSAKIIKA)

観光情報

日本有数の漁場・玄界灘で獲れる剣先イカは耳が大きく細長い胴長が特徴。壱岐で獲れる剣先イカのうち、胴長35センチを超えるものは「壱岐剣(いきつるぎ)」と呼ばれる。剣先イカの旬は春から夏であるが、ほぼ一年中獲ることができる。収獲時期はイカ釣り船の電球が水平線に広がり幻想的である。その景観は地元民より「漁火(いさりび)」と呼ばれ、夏の風物詩になっている。




このページをシェアする

特産・土産の関連記事