壱岐市の木・マキ (いきしのき・まき)

IKISHINOKI・MAKI

観光情報

壱岐市内に自生する常緑高木。漢字では「槙の木」と書く。古くから日本家屋の生垣や庭木として利用されている木である。壱岐は島ゆえに強風や塩害が多く、防風林の役割として一般的に利用されている。また病害虫に強いことから、用材としても利用されている。市民にとって大変なじみの深い木である。


住所 壱岐市内全域
学名 Podocarpaceae


このページをシェアする

動植物・虫の関連記事