壱岐市の花・水仙 (いきしのはな・すいせん)

IKISHINOHANA・SUISEN

観光情報

壱岐の市花・水仙(スイセン)は市内全域に群生しており、島民にも馴染みの深い花である。また壱岐の水仙は開花が12月頃と早いため、他の花と養分を取り合うこともなくのびのびと育っている。花の匂いは強く香水や芳香剤として利用されることがある。


住所 壱岐市内全域
学名 Narcissus


このページをシェアする

動植物・虫の関連記事