壱岐産寒ブリ (いきさん かんぶり)

IKISAN KAMBURI

観光情報

南から上がってくる黒潮と日本海を下りてくる親潮がぶつかる玄界灘は日本有数の好漁場として知られている。波はとても荒く、そこを泳ぐイカや魚はとても美味しく育つ。壱岐のぶりは、それらを求め大陸棚へ上がってくるため、身が締まりつつも、脂がのっていることに定評がある。壱岐の漁師はぶりの食感や味・鮮度感を損なわないよう、定置網ではなく一本釣りで漁を行う。一本釣り漁により水揚げされた壱岐ぶりは「血抜き」と「神経抜き」と呼ばれる処理を施され、鮮魚に近い状態で全国に出荷される。旬の食べごろは脂がのる冬から春にかけて。この頃獲れる良質なぶりは「寒ぶり(かんぶり)」と呼ばれ重宝される。また九州北部では昔から「嫁ぶり」といって、結婚して初めての正月を迎える婿の家より嫁の実家にブリを贈る風習があるため、毎年多くのぶりが贈答品として壱岐より出荷される。




このページをシェアする

特産・土産の関連記事