左京鼻 (さきょうばな)

SAKYOBANA

観光情報

壱岐の東部、八幡半島の先端にある長さ約1kmにおよぶ海蝕崖一帯を指す。左京鼻の「鼻」は壱岐で「先端」の意味として使われている。崖上は広大な天然芝のスロープで車で通り抜けることができる。崖下の海中には先端が尖った奇岩「折柱」があり、左京鼻の象徴的な存在である。壱岐では観音柱とも呼ばれている。この岩は猿岩と同じく8本柱のひとつに数えられる。


住所 壱岐市芦辺町諸吉本村触1510-1
アクセス ◆郷ノ浦港より/車で24分
◆芦辺港より /車で14分
◆印通寺港より/車で17分
◆壱岐空港より/車で18分
撮影スポット 奇岩「折れ柱」
設備 駐車場
トイレ


このページをシェアする

自然景観の関連記事