河童の橋石 (かっぱのはしいし)

KAPPANOHASHIISHI

観光情報

壱岐芦辺町の禅寺・安国寺の入り口に置かれた長さ2Mほどの石は、河童の橋石(川にかける石橋)と呼ばれている。橋石は地誌・壱岐国続風土記(いきのくにしょくふどき)によると、『川北(現在の深江本村触)の皿川渕(さるこうぶち)の石を持ってきて、山門の西側の橋石としたが、その後、皿川の河童が奉行人のところに毎晩あらわれては大声で騒ぎ立て、石を返してほしいと哀願した。』と記述がある。結局、石を返してもらえなかった河童は自ら石を取り返そうとするが、神々の祟りが怖くて石を取り返すことができなかったそうだ。壱岐には他にも河童伝説が多く残る。


住所 壱岐市芦辺町深江栄触546
アクセス ◆郷ノ浦港より/車で16分
◆芦辺港より /車で11分
◆印通寺港より/車で7分
◆壱岐空港より/車で9分


このページをシェアする

歴史・伝説の関連記事