百田頭古墳群 (ひゃくたかしらこふんぐん)

HYAKUTAKASHIRAKOFUN

観光情報

壱岐中央部・国分にある百田頭古墳は8基の円墳からなる古墳群。主体は横穴式石室で、後室(玄室)の天井をドーム式に築いているのが特徴。現存する円墳の中でも2号墳は良好で後室は完璧な状態で残っている。案内板がないため場所が解りにくいが、舗装道路から田んぼに挟まれた小道を少し降りた雑木林の中に位置する。


住所 壱岐市芦辺町国分本村触字兵瀬


このページをシェアする

遺跡・城跡の関連記事