赤うに (あかうに)

AKAUNI

観光情報

東京湾あたりから西の日本に分布し、国外では済州島に分布する。大きさは5~7センチと大型ですが、高さがなくて平たくヒラタウニと呼ぶ地域もある。殻の色は全体的に赤褐色で、身が肉厚でしっかりとした粒感と濃厚なコク・甘みが特徴。特に長崎県壱岐の赤うには知る人ぞ知る高級珍味として有名。うに好きの間では赤うにこそが「うにの中で最高の味」と言われる方も多い。紫うによりも希少価値が高く、年々価格が高騰している。また近年は関東への出荷も増えている。紫うに同様、壱岐では海女による素潜り漁で収穫される。収獲時期は漁解禁の5月~10月頃まで。




このページをシェアする

特産・土産の関連記事