郷ノ浦の町並み (ごうのうらのまちなみ)

GONORANOMACHINAMI

観光情報

島の南西部にある郷ノ浦町は、博多港と76kmを隔てて、フェリーで結ばれています。町は島内最大級の繁華街でもあり、ホテル、旅館、飲食店、物販店が郷ノ浦の湾を囲むように立ち並んでいる。郷ノ浦地区には市役所、警察署、文化ホールがあり、壱岐島内の行政の中心地となっている。町の中心に掛かる橋の上には、鬼を睨みつける武将・百合若大臣の銅像がある。また町全体のシンボルとして郷ノ浦湾に掛かる郷ノ浦大橋がある。


住所 壱岐市郷ノ浦町郷ノ浦
アクセス ◆郷ノ浦港より/車で4分
◆芦辺港より /車で22分
◆印通寺港より/車で16分
◆壱岐空港より/車で18分
撮影スポット 百合若大臣の銅像


このページをシェアする

自然景観の関連記事