雪の島 (ゆきのしま)

YUKINOSHIMA

観光情報

海底から隆起した流紋岩が玄武岩を突き抜け海上に出てきたもの。万葉集で詠まれ、江戸末期に書かれた壱岐名勝図誌は「雪の島」が壱岐国の名にもなったと伝えられる。また民俗学者・折口信夫(おりぐちしのぶ)の著書にも使用されたことで有名である。地元の漁師の間では岩が白ければ晴れ、黒ければ雨になると伝えられ出漁の目安となっていたそうだ。壱岐北西部の浦海漁港手前から小道に入り、防堤防沿いに歩いていくと辿り着くが、小道の入り口が分かりにくいためナビの使用をおすすめする。


住所 壱岐市勝本町本宮仲触
アクセス ◆郷ノ浦港より/車で28分
◆芦辺港より /車で24分
◆印通寺港より/車で30分
◆壱岐空港より/車で31分
撮影スポット 雪の島


このページをシェアする

自然景観の関連記事