鬼の窟古墳 (おにのいわやこふん)

ONINOIWAYAKOFUN

観光情報

壱岐を代表する大型の古墳。芦辺町国分本村触にあり、1961年に件史跡の史跡に指定された。古墳は6世紀後半~7世紀前半頃に築造されたとみられており、直径45M、高さ13Mの大型の円墳だ。これは壱岐だけでなく、長崎県内でも最大級の大きさである。内部は巨石を使用した両軸式で、前室・中室・後室(玄室)の三室と外部とを結ぶ通路で構成されている。石室は全長16.5Mで、後室(玄室)は約3M四方。正方形状の平面形を持ち、天井の高さは3.3Mである。また使用されている一枚岩の大きさは1辺が2Mを超える巨石であり、どのような方法でどこから運んできたかは解明されていない。


住所 壱岐市芦辺町国分本村触1206-1
アクセス ◆郷ノ浦港より/車で17分
◆芦辺港より /車で9分
◆印通寺港より/車で15分
◆壱岐空港より/車で16分
設備 駐車場


このページをシェアする

遺跡・城跡の関連記事